Work affairs

貿易事務は求人情報素から情報を得られる|腕を磨ける舞台

貿易の仕事を探すなら

スキルに合わせて選択

レディ

貿易事務の仕事を求人サイトで探していると、一般企業から直接求人を出している場合と、派遣会社から求人が出ている場合と両方の求人が見受けられます。
一般企業から求人が出ている仕事は、一般企業に来社して面接をし、採用されれば直接雇用という形で働くことになります。
派遣会社からの求人は、求人先の企業へ面接を行う前に、派遣会社に登録をする必要があります。
登録をして求人先の企業の面接で採用となると、派遣会社と雇用契約を結んで働くという形になります。
派遣会社に登録をするときは、派遣会社のホームページから問い合わせができます。
貿易事務に強い派遣会社に登録しておけば、貿易関連の求人が多いのでおすすめです。
また、自分のレベルに合った求人を効率よく探すことができます。
電話か仮登録フォームなどから問い合わせをして、派遣会社に登録するために来社する日にちと時間を決めます。
持ち物は、きちんと確認して、忘れないように当日持っていきましょう。
なお、身分証明書などの忘れ物があった場合は、せっかく来社しても登録できない場合もあるので気をつけましょう。
また、予約した登録日には、10分から15分前までには来社しておくとよいです。
登録のときには、派遣会社のコーディネーターが、派遣会社のシステムや給料の支払日などを説明してくれます。
派遣会社ごとに内容の違いはありますが、一般常識テストやパソコン入力のテストも行われます。
その後に、貿易専門のコーディネーターによる個人面談があります。
コーディネーターの方に、やりたい仕事や貿易事務についての相談することができます。
なお、貿易事務が初めてで不安であれば、派遣会社には無料の仕事研修があるのが一般的なので、相談をすればご自身に合った研修メニューをアドバイスしてくれます。

知識やスキルを持っているか

男女

正社員として貿易事務の職に就きたい場合、まずは転職求人情報サイトに会員登録をしてみることをおすすめします。
会員向けの求人情報をサイト上やメールで集めることができます。
転職エージェントへの登録で、キャリアプランナーと話し合うことも考えられるでしょう。
派遣社員を希望の場合は、貿易事務の求人の扱いを得意とする派遣会社を探して登録し、仕事を紹介してもらうとよいです。
また、それまでの経歴により、活動の方法を変える必要があります。
大学新卒の場合は、メーカーや商社が持つ貿易部門で正社員での登用を目標にすることが一般的です。
中途の場合は、経験者以外は正社員としての採用は難しいことが多くなっています。
企業の求人では即戦力として、すぐに前線で仕事ができる人材を求めるケースが多いからです。
貿易事務の知識やスキルをしっかり持っていることが必要最低限の条件となります。
貿易事務を希望する未経験者は、まず派遣社員としてある程度の経験を積んだ後、正社員を目指すことが現実的と言えるでしょう。
なお、貿易事務職に就くにあたって、何か特別な資格が必要なわけではありません。
しかし、仕事の特性上、英語や経理、受発注業務などの能力は、業務を遂行するうえで非常に役立ちます。
採用の際には、これらの経験や関係資格は自己アピールにもなるでしょう。
貿易事務を志している人はこうした経験が積める仕事に就いたり、日ごろからよく勉強し準備しておくことをおすすめします。

戦略が大切

男性

求人を探して応募する際、みなさんは段取りを考えて行なっていますか。
ほとんどの人はやりたい仕事や業務内容があれば受かるかもとチャレンジするのではないかと思います。
今回は数ある仕事の中から、貿易事務を取り上げて求人応募の手順とコツをご紹介してきます。
貿易事務は、インボイスやパッキングリストなど輸出や輸入に必要な書類を作成したり、電話応対や見積書作成など幅広い業務スキルが求められます。
ある程度の事務スキルはもちろんのこと正確性と迅速さが大切な仕事です。
また、時差が関係する為、他国の時間や為替など常にアンテナを張りながら行う細かい仕事です。
このような貿易事務の求人に応募する際、準備期間には1ヶ月から3ヶ月は見ておきましょう。
派遣社員であれば登録してカウンセリング、スキルチェックから実際の紹介まで期間があります。
その間に研修を受けたり自主的に勉強をして知識を少しでも身につけておくのです。
経験者の場合は、いまあるスキルに加えて転職したら活かせそうなものがあれば習得しておきます。
パソコンスキルや書類作成能力を上げておくのもその一つです。
そして、応募方法はウェブサイトからの応募がほとんどですので、正社員であっても派遣社員でも職務経歴書の書き方非常に重要になります。
全く異なる異業種から転職する人は業務よりもヒューマンスキルや協調性をアピールしたり、具体的な数字を用いて成果を強調しましょう。
求人に掲載されている内容と業務内容が一致しているかどうかは面接で確認しましょう。
貿易事務は幅広い仕事ですので不一致のないように事前確認が大切です。

貿易の仕事を探すなら

レディ

貿易事務の情報が充実した求人サイトも多くあります。初心者から経験者まで、それぞれのレベルに合った求人を探すことができます。初心者でも無料の研修があり、参加することで仕事が始められやすくなります。

もっと読む

専門性の高い職種で人気

JOBS

貿易事務とは、海外との輸出入に関連する事務業務を担当するのが仕事です。仕事の内容は多岐に渡り、英語力や専門的な知識を必要とする専門性の高い職種で人気があります。求人で求められるスキルには幅があります。求人を探す際は、自分のスキルとマッチしているかどうかを確認するようにしましょう。

もっと読む

貿易に関する事務業務

女の人

貿易事務とは輸出入に関する業務を行う会社での事務業務で、書類作成や通関手配、税の納付などが主な仕事です。主に英語能力や事務スキルなどが必須条件とされますが、伝達業務があるので日本語でのコミュニケーション能力も必要です。求人は正社員としての募集の他に、アルバイトや派遣社員としての募集も多いです。

もっと読む